北京市人民政府
メニュー
市政情報
市長紹介 行政部門 行政區畫 政府活動報告 法律?政策
北京市紹介
北京について 文化 姉妹都市 科學?技術 動畫
サービス
アクセスの多い內容 北京での投資 北京で仕事をする 北京で學ぶ 北京で暮らす 北京を観光する
コンタクト
FAQs ジンジンのQ&A フィードバック アンケート
新著情報
ニュース 法律?政策 寫真 イベント ピックアップ

外國人、中國香港?マカオ?臺灣住民、及び華僑の方が北京市に常住する中國大陸の住民と婚姻する場合、當事者雙方は婚姻登記機関で婚姻登記を行わなければなりません?;橐龅怯洡弦韵陇问猪槫切肖Δ长趣扦蓼?。

一、北京住民は、以下の証明書類を提出しなければなりません。

1、本人の戸籍簿。戸籍簿の「婚姻狀況」の欄に記載される情報は実際の婚姻狀況と一致していなければなりません。一致していない場合は、戸籍所在地の派出所で変更手続きをしなければなりません。集體戸籍の場合は、本人の戸籍カードの原本を提出しなければなりません。

2、本人の居民身分証

3、本人の婚姻狀況が離婚である場合、有効な離婚証明書(離婚証、もしくは人民法院(裁判所)による離婚判決書、調停書。第一審離婚判決書の場合は発効証明書を提出します)を提出する必要があります。 婚姻狀況が配偶者死別である場合には、配偶者死別に関する証明書類(配偶関係証明書および死亡証明書)を提出する必要があります。

二、外國公民は、以下の証明書類を提出しなければなりません。

1、本人の有効なパスポートもしくはその他の有効な國際旅行証明書

2、當事者の母國の司法公証機関が発行した未婚?無配偶証明書。當該國の外交部もしくは外交部の授権代理機関の認証を経て、當該國に駐在する中國大使?領事館の認証を受けたもの、もしくは、當事者の母國の在中國大使?領事館が発給したものでなければなりません。証明書類に記載される本人の情報は本人の有効なパスポートまたはその他の有効な國際旅行証明書と一致しなければなりません(有効期限は発行日から6ヵ月以內)。

3、翻訳サービスを提供する機関による原文と同じ書式の中國語訳文(當事者の情報、公証機関の説明、外交部の認証、人名、地名、署名、印鑑などすべての外國語での內容を含む)。翻訳書類に同機関の押印が必要です。

三、華僑は、以下の証明書を提出しなければなりません。

1、本人の有効なパスポート

2、本人は未婚であり、當事者雙方が直系血族あるいは傍系三親等血族関係にあるのではない旨の証明書。當該証明書は本人の國籍國の公証機関またはその権力を有する機関により発行され、かつ當國に駐在する中華人民共和國大使?領事館の認証を受けたもの、もしくは、當國に駐在する中華人民共和國大使?領事館が発給したものでなければなりません(有効期限は発行日から6ヵ月以內)。

3、翻訳サービスを提供する機関による原文と同じ書式の中國語訳文(當事者の情報、公証機関の説明、外交部の認証、人名、地名、署名、印鑑などすべての外國語での內容を含む)。翻訳書類に同機関の押印が必要です。

四、香港住民は以下の証明書を提出しなければなりません。

1、本人の香港?マカオ住民來往內地通行証と香港住民身分証明書

2、香港婚姻登録所が発行した本人の婚姻登記記録証明、本人に配偶者がおらず、他方の當事者と直系血族と傍系三親等血族関係にない旨の証明。當該証明は司法部香港委託公証人による公証を受けたものでなければなりません(有効期限は発行日から6ヵ月以內)。

五、マカオ住民は以下の証明書を提出しなければなりません。

1、本人の香港?マカオ住民來往內地通行証とマカオ住民身分証明書

2、マカオ民事登記局により発行された本人の婚姻登記記録証明、本人に配偶者がおらず、他方の當事者と直系血族と傍系三親等血族関係にない旨の証明。當該証明はマカオ公証署公証人により公証されたものでなければなりません(有効期限は発行日から6ヵ月以內)。

六、臺灣住民は以下の証明書を提出しなければなりません。

1、本人の臺灣住民來往大陸通行証と臺灣住民身分証明書

2、臺灣の司法機関により発行された本人の戸籍証明書、本人に配偶者がおらず、他方の當事者と直系血族と傍系三親等血族関係にない旨の証明。當該証明は臺灣地方裁判所の指定公証人による公証を受けたものでなければなりません(有効期限は発行日から6ヵ月以內)。

七、証明寫真3枚(直近に撮影したもの、2寸サイズ(35mm*53mm)、無帽、當事者2人で一緒に寫っているもの)

*民政部門の規定により、感染癥発生期間中、各婚姻登記機関は予約制となっております。

【豊臺區】

手続場所:社區サービスセンター2階、北京市豊臺區豊臺鎮東幸福街2號

受付日時:

平日9:00~11:30、13:30~17:00

土曜はオンライン予約制(法定休日を除く)

【石景山區】

手続場所:北京市石景山區政務サービスセンター婚姻登記分室、北京市石景山區楊荘路17號

受付日時:平日9:00~12:00、14:00~17:30

【房山區】

手続場所:北京市房山區民政局婚姻登記ホール、北京市房山區良郷西路10號裏側のビル

受付日時:

平日9:00~12:00、14:00~17:30(夏期5月~9月)、13:30~17:00(冬期10月~翌年4月)

土曜9:00~11:00、14:00~15:00(予約制)

(國務院、市政府が規定する振替休日を除く)

【東城區】

手続場所:東城區政務サービスセンター、北京市東城區金寶街52號

受付日時:平日9:00~17:00

【朝陽區】

手続場所:北京市朝陽區婚姻登記専門ホール、北京市朝陽區広渠路28號院甲208珠江帝景付屬商店街の北東角

受付日時:

平日9:00~17:00

土曜9:00~11:00、14:00~15:00(予約制)

(國務院、市政府が規定する振替休日を除く)

【大興區】

手続場所:北京市大興區政務サービスセンター民政局婚姻登記分室、大興區観音寺街道雙観巷2號1階総合受付窓口

受付日時:平日9:00~11:30、13:30~17:00

お問合せ電話:+86-10-69233665

【門頭溝區】

手続場所:北京市門頭溝區政務サービスセンター婚姻登記分室、北京市門頭溝區黒山大街15號樓

受付日時:

平日9:00~17:00

土曜9:00~11:00、14:00~15:00(予約制)

(國が規定する祝休日を除く)

【昌平區】

手続場所:昌平區民政局婚姻登記処1~8番窓口、北京市昌平區政府街23號

受付日時:

平日8:30~11:30、13:00~17:00(法定休日を除く、土曜は予約制)

【順義區】

手続場所:順義區政務サービスセンター、復興東街3號院1階南側A區

受付日時:

平日9:00~17:00

土曜9:00~11:00、14:00~15:00(予約制)

(法定休日を除く)

お問合せ電話:+86-10-69460605

【延慶區】

手続場所:北京市延慶區政務サービスセンター婚姻登記分室、延慶區嬀水南街8號

受付日時:平日8:30~11:30、13:30~17:00(冬期)、14:00~17:30(夏期)

【平谷區】

手続場所:政務サービスセンター婚姻登記分室民政局婚姻登記処1階総合窓口、北京市平谷區府前西街17號

受付日時:平日8:30~11:30、14:00~17:30(夏期5月~9月)、13:30~17:00(冬期10月~翌年4月)

【密雲區】

手続場所:北京市密雲區政務サービスセンター婚姻サービス分室、北京市密雲區新西路32號

受付日時:平日8:30~17:00、土曜はオンライン予約制(法定休日を除く)

【海淀區】

手続場所:海淀區社區サービスセンター1階、北京市海淀區科學院南路31號

受付日時:平日9:00~17:00、土曜は予約制(國務院、市政府が規定する振替休日を除く)

【通州區】

手続場所:通州區社區サービスセンター2階203號室、北京市通州區通恵北路14號

受付日時:平日8:30~11:30、13:30~17:00

【懐柔區】

手続場所:北京市懐柔區行政サービスセンター民生婚姻登記分室1階婚姻登記処、北京市懐柔區北大街26號

受付日時:平日8:30~11:30、13:30~17:00

【西城區】

手続場所:北京市西城區民政局婚姻登記処、南新華街58號(廠甸市場ビル3階)

受付日時:平日8:30~11:30、13:30~17:00 

  • 手続所要時間と手數料
  • 手続要件
  • 注意すべきポイント

手続所要時間:即時受理

手數料:無料

1、當事者の片方の戸籍所在地が北京であること。

2、男女雙方には結婚意思があり、ともに婚姻登記所で婚姻登記を行うこと。

3、男性は22歳以上、女性は20歳以上であること。

4、當事者雙方に配偶者がいないこと。

5、當事者雙方に醫學的に結婚に適しないと認められる病気のないこと。

6、當事者雙方が直系血族または傍系三親等血族関係にないこと。

1、婚姻登記を行う外國公民および華僑が無配偶者証明書を提出します。上記の証明書類に當事者に配偶者がいないことが明記されていない場合、無配偶証明書として受理することができません。以下の資料を無配偶証明書として追加で提出する必要があります。

(1)當事者が「無婚姻障害証明書」や「婚姻に関する法的能力」を備えている旨の証明書類を提出する場合、「無婚姻障害証明書」や「婚姻に関する法的能力」を備えている旨の証明書類は當事者に配偶者がいないことを証明できるものであるとの當該國の関連権限を有する機関による証明書類を合わせて提出する必要があります。

(2)當事者が「結婚歴検索記録なし」、「婚姻歴検索記録」(當事者が離婚判決書などの離婚証明書をも提出します)、婚姻狀況欄に記録がなく、もしくは婚姻狀況欄のない戸籍証明書類を提出する場合、當該國に駐在する中國大使?領事館もしくは當該國の在中國大使?領事館の認証を受けた本人の無配偶聲明を提出する必要があります。

(3)當該國が発行した「無婚姻障害証明書」、「婚姻に関する法的能力」を備えている旨の証明書類、「結婚歴検索記録なし」などの証明書類は當事者に配偶者がいないことを証明できることについて、既に中國に照會した場合、當該國が発行したこれらの証明書類は無配偶証明書類として受理することができます。例えば、フランス、アイルランド、韓國が該當します。

2、一部の國では、無配偶証明書が発行された時にはその內容の翻訳が付いていたが、當該國の外交部または授権代理機関による認証証明の部分に訳文が付いていなかったことを、當事者がその証明書類が全部翻訳されたと誤解した事例があります。この場合、婚姻登記をスムーズに進めるために、必ず公証機関の説明と外交部の認証などの翻訳されていない部分については北京で翻訳を補足しておかなければなりません。

3、在住國に駐在する中華人民共和國大使?領事館により華僑の獨身証明書が発行された場合、當該証明書が中國語で書かれたものであれば、翻訳が必要ありません。

4、當事者が北京で翻訳を依頼する場合、本人で翻訳サービスを提供する機関に翻訳を依頼します。國の規定する資格を有する翻訳機関が翻訳規範に基づいて提供した中國語訳文であれば、受理いたします。

国产无遮挡又黄又爽不要vIP