北京市人民政府
メニュー
市政情報
市長紹介 行政部門 行政區畫 政府活動報告 法律?政策
北京市紹介
北京について 文化 姉妹都市 科學?技術 動畫
サービス
アクセスの多い內容 北京での投資 北京で仕事をする 北京で學ぶ 北京で暮らす 北京を観光する
コンタクト
FAQs ジンジンのQ&A フィードバック アンケート
新著情報
ニュース 法律?政策 寫真 イベント ピックアップ

北京空港から市內まで移動する際に、券売機に設置されているAIチャットボットに向かって、目的地を聲に出して言うだけで切符を購入することができる。最近、北京地下鉄首都空港線や大興空港線の7カ所の駅でチャットボットによる切符購入案內がスタートしたという。北京日報が報じた。

切符を購入する際、最先端のスマート音聲による切符購入技術によって、乗客が券売機の前で目的地を聲に出して言うと、AIが速く最寄り駅を確定し、乗り換えプランを提供。駅を確定する平均時間が15秒から1.6秒に短縮され、切符購入の體験も大いに向上した。

首都空港線のスタッフによると、お年寄りや初めて北京に來る外國人の多くは、目的地の最寄り駅が分からず、またはアプリ操作に困難を感じているため、駅を調べたり、路線を聞いたり、切符購入をするのに時間がかかっている。しかし今、券売機に向かって「三里屯に行きたい」「簋街に行きたい」と言うと、數秒で切符を買うことができる。さらに、乗客が便利に支払えるために、券売機は現金支払いに加え、Alipayが使用可能になっている。

このようなスマート券売機には最新の音聲技術が搭載されている。達摩院の音聲実験室のアーキテクトの呉楠氏は「券売機には高集積度の一體化コンピューティングモジュールや次世代音聲とビデオの融合アルゴリズムが內蔵されており、90デシベル以上の騒音でも精確な音聲対話が可能となっている。さらに、音聲認識の速度や精確度が向上し、全體計算速度が30%以上に上回った」と述べた。次世代チャットボット切符購入システムはアント?フィナンシャル、達摩院、高徳地図、北京如易行科技公司に共同で企畫され、北京の他の地下鉄駅で適用される見通しだという?,F在、アリババグループのAIチャットボットは北京、上海、ハルビン、南京、徐州、石家荘などの都市の地下鉄に登場した。その中、AIチャットボットは乗客の切符購入に役立つ以外に、スマートカスタマーサービスを提供し、音聲対話で乗客の問い合わせに応じている。

国产无遮挡又黄又爽不要vIP