北京市人民政府
メニュー
市政情報
市長紹介 行政部門 行政區畫 政府活動報告 法律?政策
北京市紹介
北京について 文化 姉妹都市 科學?技術 動畫
サービス
アクセスの多い內容 北京での投資 北京で仕事をする 北京で學ぶ 北京で暮らす 北京を観光する
コンタクト
FAQs ジンジンのQ&A フィードバック アンケート
新著情報
ニュース 法律?政策 寫真 イベント ピックアップ

國家稅務総局12366北京納稅サービスセンターは、國家級稅務サービスプラットフォームとして、スマート化?情報化から著手し、稅收サービスの「オンライン」から「クラウド」導入に向けた取り組みを推し進めており、今年中に全國の納稅者及び納付者のために數百萬件の難題を解決した。

デジタル化革新により、稅收優遇政策を正確に通知

北京市、ひいては全國の納稅者に、よりスマートで細かいサービスを提供するため、12366北京センターは、相次いで科學技術業界の大手企業らと提攜して、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、AIによるスマート分析などを導入することによって、稅收科學技術が新段階を迎え、北京のビジネス環境の改善にも役立った。また、12366北京センターと北京市稅務局各部門は共同で、稅金の種類、業界タイプ、適用エリアなどの內容を含む、正確通知タグシステムを創り出した。

スマート+人力により、納稅者に最高レベルのサービスを提供

12366スマホアプリのスマートコンサルティングサービスは、雙方向の質疑応答を通じて、語義の範囲を絶えず縮めて、問題のキーポイントを摑むことによって、最も正確な回答を出し、納稅者に便利なサービスを提供することができる。

インタラクティブ配信形式により、稅務サービスのゼロ距離が実現

12366北京センターは、TikTokの中國國內版である「抖音(ドウイン)」アカウントを通じてショートムービーを公開するとともに、Vlog、アニメなど人気の作品を通じて、より優しい言葉を用いて、稅務當局と社會一般との距離を縮め、被動的から主動的へ、靜的から動的へ、一方向から雙方向へと多様な稅務サービスの転換を実現した。

(情報提供:北京日報)


国产无遮挡又黄又爽不要vIP