北京市人民政府
メニュー
市政情報
市長紹介 行政部門 行政區畫 政府活動報告 法律?政策
北京市紹介
北京について 文化 姉妹都市 科學?技術 動畫
サービス
アクセスの多い內容 北京での投資 北京で仕事をする 北京で學ぶ 北京で暮らす 北京を観光する
コンタクト
FAQs ジンジンのQ&A フィードバック アンケート
新著情報
ニュース 法律?政策 寫真 イベント ピックアップ

第2四半期(2021年4~6月)、北京市は47件の「高精尖(ハイレベル?精密?先端的)」産業プロジェクトに集中的に著手し、「両區」建設を加速させている。

北京市発展改革委員會の関連擔當者の話によると、2021年、本市は「3つのエリア、7つのクラスター」の機能の位置づけをめぐり、政策リスト、空間資源リスト及びターゲット企業リストの管理を強化し、一連の代表的、牽引的、獨創的プロジェクトを誘致し、実行に移す。

海淀クラスターでは、中関村フォーラム永久開催地設計方案國際募集プロジェクトが高水準で始動し、字節跳動(バイトダンス)本部産業パークなど革新型本部プロジェクトの推進を加速させる。昌平クラスターは、中関村生命科學パーク研究型國際醫療産業成果転化プラットフォームの建設を加速し、諾徳環宇、迪亜恩などの企業プロジェクトを誘致し、実行に移す。朝陽クラスターは、民生銀行ビルの建設に著手し、CBD核心區北區の泰康、陽光プロジェクトは年內に竣工し、検証が完了する。順義クラスターは、サービス貿易の特色を持つ総合保稅區の建設に積極的に取り組み、中國國際展覧センター新館第2期、第3期並びに周辺インフラ及び交通システムの建設推進を急ぐ。

取材によると、今年にかけて、北京市は國際科學技術イノベーションの中心地、「両區」及びグローバルなデジタル経済のモデル都市建設に焦點を當て、優位性のある資源の要素を整理し、一連の重大科學技術イノベーション及び「高精尖」産業プロジェクトの実施を加速させる。今回第2四半期に集中的に著手した100件のプロジェクトのうち、國際科學技術イノベーションの中心地、「両區」及びグローバルなデジタル経済のモデル都市建設プロジェクトは計47件、総投資額は415億人民元、プロジェクト件數及び投資額の比率はすべて5割近くとなっている。

(情報提供:北京日報)


国产无遮挡又黄又爽不要vIP