北京市人民政府
メニュー
市政情報
市長紹介 行政部門 行政區畫 政府活動報告 法律?政策
北京市紹介
北京について 文化 姉妹都市 科學?技術 動畫
サービス
アクセスの多い內容 北京での投資 北京で仕事をする 北京で學ぶ 北京で暮らす 北京を観光する
コンタクト
FAQs ジンジンのQ&A フィードバック アンケート
新著情報
ニュース 法律?政策 寫真 イベント ピックアップ

このほど、文化観光部は「娯楽施設及びインターネット接続サービス営業施設の審査許可関連事項の調整に関する通知」を発表し、外國投資者による法律に基づいた中國國境內での娯楽施設の設立を認め、外資の出資比率制限を撤廃した。これは外資獨資による中國國境內での娯楽施設の設立許可を意味し、娯楽市場に対し促進的な効果をもたらし、中國國民のより多くの精神文化的ニーズを満たすことが期待される。

外國投資者は娯楽施設の経営活動に従事するための申請に當たり、省レベルの文化観光行政當局に申請しなければならず、申請資料、設立要件及び手続は中國企業の場合と一致する。なお、中國香港特別行政區、マカオ特別行政區投資者による中國國境內での娯楽施設の設立、及び中國臺灣地區投資者による中國國境內での娯楽施設の設立については、外國投資者の場合を參照して実施する。

「娯楽施設管理條例」によれば、娯楽施設とは営利を目的として、一般開放し、消費者が歌やダンス、ゲームなどを自分で楽しめる施設を指す。2013年より、中國國境內では、外資による娯楽施設の設立に対する出資比率制限の段階的緩和を試みてきた。2013年及び2015年、上海、福建自由貿易試験區は外資獨資により経営する娯楽施設の設立を認め、2018年1月、國務院は文書を発表し、外資獨資により経営する娯楽施設の設立と自由貿易試験區內でのサービス提供を認めた。

(情報提供:中國政府網)


国产无遮挡又黄又爽不要vIP