北京市人民政府
メニュー
市政情報
市長紹介 行政部門 行政區畫 政府活動報告 法律?政策
北京市紹介
北京について 文化 姉妹都市 科學?技術 動畫
サービス
アクセスの多い內容 北京での投資 北京で仕事をする 北京で學ぶ 北京で暮らす 北京を観光する
コンタクト
FAQs ジンジンのQ&A フィードバック アンケート
新著情報
ニュース 法律?政策 寫真 イベント ピックアップ

「両區」建設という良好な成長環境を足掛かりに、北京は國際科學技術イノベーションの中心地の建設を加速し、より焦點を當て、集中的に力を注ぎ、國家戦略としての科學技術力の育成に盡力し、「0から1」の基礎研究及び重要コア技術の難関攻略を統一的に計畫し、「三城一區(中関村科學城、懐柔科學城、未來科學城、北京経済技術開発區)」主要プラットフォームに焦點を當て、産業チェーン?供給チェーンの近代化水準を向上させていく。

北京市で第2四半期に集中的に著工した100件のプロジェクトには、水素エネルギー燃料電池の生産拠點及び水素エネルギー燃料電池の研究開発センターを含み、水素エネルギー燃料電池の研究開発センター、及び1000兆ワット級の水素エネルギー新興産業拠點を建設し、年間1萬臺(セット)の製品生産量を目標とする生産能力を形成する計畫だ。

類似のプロジェクトはすでに各地で発展を遂げ、例えば、昌平國家実験室の発足?運営実現、北京量子研究院、智源研究院など新型研究開発機関の建設加速、清華工研院細胞?遺伝子治療イノベーションセンター、高分子抗體薬物パイロット試験公共サービスプラットフォームの建設著工が挙げられる。また、「第13次5カ年計畫」で掲げられた懐柔総合性國家科學センターの29か所の科學施設のうち、7か所がすでに設備試運転段階に入っており、22件のプロジェクトについて、6月末までにすべての主體構造が完成する。

(情報提供:北京日報)


国产无遮挡又黄又爽不要vIP